カテゴリー別アーカイブ: 電子ピアノについて

中古電子ピアノのメリットとは?

中古電子ピアノのメリットとは?

電子ピアノをこれから購入したいという方には
新品の電子ピアノ買うという以外にも
「中古電子ピアノを買う」という選択肢があります。

では、中古電子ピアノのメリットとは何でしょうか?

中古電子ピアノのメリットは、とにかく
「価格が安いこと」だと思います。

電子ピアノは電子機器ですから、生ピアノほど耐久年数は長くありません。
また、電子ピアノは日々進化していますから、より新しい製品の方が当然性能は良いです。

ですから、どうしても過去のプレミアモデルなどが欲しいなどという場合は別として
予算があるなら、当然新品の電子ピアノを買うのがいいと思います。

しかし、グランドピアノやアップライトピアノなどの生ピアノと
比較して安価ではあるというのをふまえても
電子ピアノはやはり高額な商品であり、電子ピアノを買うというのは
一般的には高い買い物であることは間違いないと思います。

そこで中古電子ピアノを検討するという選択肢が出てくるわけです。

実際に中古電子ピアノはとても人気があります。
中古電子ピアノを探している方は皆さんが思われている以上に多いのです。
ですから、中古電子ピアノを販売するショップでは、商品は早くに売り切れてしまいます。

「中古電子ピアノはやめておいた方がいい」なんて声をネット上で聴くことはありますが
それは「中古電子ピアノ屋になんてどうせ古くて状態の悪いものしかないだろう」という
思い込みからきた意見が多く、そう一概にはいえないと思います。

なぜなら、中古品といっても、
「買ったばかりだけど引っ越し先で置き場所がないから。」
「まだまだ使えるけど、もっと良いモデルが欲しくなってしまったから」
という理由で手放される方も多いからです。

特に製造年度の新しいものは、まだまだ長い間お使いになれるものが多いです。

価格の安さは手軽さであり、気軽さです。

ピアノをはじめるということは、やはり基本的には
楽器の難易度や、価格・維持費用などの面でハードルが高いです。

そのピアノを始める際の高いハードルを新品の電子ピアノよりさらに下げるてくれるという点で、
中古電子ピアノはおおいに「アリ」な選択肢だと思います。

もちろん、
・傷の有無などもきちんと説明し、信頼のおける迅速な対応をしてくれる。
・程度の良い中古電子ピアノを扱う。
という条件を満たすショップで買うというのが当然の前提ですね。

電子ピアノと生ピアノの違い

電子ピアノと生ピアノの違い

電子ピアノと生ピアノの一番の違いは音の出し方にあります。

生ピアノは、指で鍵盤を押し、その力でハンマーを動かして、弦を叩いて音を出します。
打弦による振動がピアノの下に張ってある板=響板を伝わって、豊かな広がりを生みます。
また、叩いた弦以外の弦の共鳴も加わって、独特の響きを生み出します。
要するに、ハンマーで弦をたたいて、その弦の振動によって音を出すということですね。

しかし、電子ピアノには弦はありません。
電子ピアノの音は生ピアノの音を録音した「サンプリング」という方式を取っているため、
鍵盤は音を出すためのスイッチであり、鍵盤を押すとそれに対応する音が発生し、スピーカーがそれを増幅して再生します。
弦は使わずに、鍵盤をスイッチとして、電気的に音を出すということです。

こういった音の出し方の違いから、電子ピアノと生ピアノではタッチや表現力が変わってくるのですが、
電子ピアノもテクノロジーの進歩に伴い、生のピアノにより近い音の再現が可能になり、
鍵盤のタッチにも様々な工夫が凝らされるようになってきています。

最近では、生ピアノと電子ピアノの中間のようなハイブリッドピアノというのもあり、
ピアノと電子ピアノの差は、年々縮まってきているとはいえるでしょう。

ただ、やはり、電子ピアノはどれだけピアノの音を再現できるか、
ということが基準になるような楽器ですから、
生のピアノの音にかなうような電子ピアノというのはやはり難しいとは思いますが。

そういったことを踏まえて、生ピアノや電子ピアノを選んでいただけるとうれしいです。

電子ピアノとシンセサイザー・キーボードの違いとは?

電子ピアノとシンセサイザー・キーボードの違いとは?

シンセサイザーとは、電子的に自在に音を作れる楽器を指します。
これにはピアノのように鍵盤がついてるものもあります。
これをキーボードと呼ぶ場合も多いです。

そして、そのシンセサイザー=キーボードという楽器と電子ピアノの
違いをごく簡単にいうならば、

  • シンセサイザーは、音を電子的に合成し、自在に音色を作り、演奏だけでなく編曲やレコーディングまで目的とする。
  • 電子ピアノは、あくまでもピアノの音色をいかに美しく再現するかというところが目的。

というところでしょう。

音楽制作&多彩な音色の演奏にはシンセサイザー。
純粋にピアノ演奏なら、電子ピアノ。
と考えていいと思います。

電子ピアノとエレクトーンの違いとは?

電子ピアノとエレクトーン

「電子ピアノとエレクトーンはどう違うのか?」
こういった質問はよくある質問だと思います。

結論からいえば、この2つはまったく別の楽器といえます。

そもそも、電子ピアノは「ピアノを電子化したもの」です。
そして、エレクトーンは「パイプオルガンを電子化したもの」です。

つまり、
ピアノ  ⇒  電子ピアノ    
オルガン ⇒  エレクトーン

というように、ベースとなっている楽器が違い、そもそもの派生が違うわけですね。

電子ピアノは、あくまでピアノをベースとしていますから、
本質的にピアノ曲を演奏するために存在する楽器です。

それに対して、エレクトーンはパイプオルガンを電子化したもの=「電子オルガン」です。
だから、2段鍵盤+足鍵盤による多彩なアンサンブル機能を主眼に置いた楽器です。

アンサンブル機能とは、簡単にいえば、合奏、重奏など
複数人による演奏形態を表現できる機能です。
つまり、エレクトーンは一人で合奏=オーケストラをするための楽器といえます。
ですから、2段鍵盤・足を使う鍵盤などの
普通のアコースティックピアノにはない特徴があるのです。

もちろん最近では、電子ピアノにも多彩な音色が出せたり、
アンサンブル的な機能がついていますが、それはあくまでも付帯機能となります。

単純に、いわゆるピアノを弾きたい、ピアノ曲を弾きたいという場合には、電子ピアノ。
そうではなく、もっと全身を使って一人で複雑な合奏を奏でたいという場合には、エレクトーン。
そう考えればいいと思います。

つまり、ピアノを習いたいのに、エレクトーンを選ぶというのは
違う楽器を買ってしまうのと同じということです。

エレクトーンも素晴らしい楽器だと思います。
しかし、自分が何を求めているかによって変わってくるということですね。

電子ピアノのメリット・デメリット

電子ピアノのメリット

アコースティックピアノと比較した時の
電子ピアノのメリットを、3つで言うなら

  • コンパクトで軽量、スマートなデザイン
  • 多機能で、楽しみながら練習できる
  • 安価で、はじめる際のハードルが低い

の3点だと思います。

・ピアノと比べて、あらゆる面でハードルが低い。
特に、「ピアノをやってみたいけど、自分がはまれるかわからない。」
「ピアノを子供に習わせたいけど、子供が飽きずに続けられるか不安。」
といった方におすすめ。
ピアノと比べ気軽で、演奏する楽しみを知るにはとても良いと思います。

・多彩な音色を出せるという「楽しさ」がある。デジタル楽器ならではのもの。
また、オンラインで曲や楽譜をダウンロードしたりできる機種もある。

・以前はピアノと比べてタッチなどに物足りなさがあったが、
最近はタッチ・表現力・音質が向上し、
特に上位モデルはピアノに迫るほど進化してきている。

・消音機能や、ヘッドフォンを使っての演奏ができるため、
時間を選ばず弾きたいときに気軽に弾くことができる。

・なんといってもピアノよりも安価で、重量が軽いため、お手軽で、置く場所を選ばない。
デザインもスタイリッシュでスマートなモデルが多い。

・ピアノと違い、半年に一度の調律費用がかからない。お手入れも楽。維持・管理が簡単。

電子ピアノのデメリット

電子ピアノのデメリットは、この2点だと思います。

  • 楽器としてやはりピアノには劣る
  • 電子楽器であるがゆえの耐久年数の違い

・近年向上しているとはいえ、あくまでも代用品という立場は否めない。
やはり本格的なピアノと比べればタッチも表現力も劣るので
「将来自分はピアニストになりたい」「音楽の道に本格的に進みたい」
という志向をすでにお持ちの方には是非ピアノをおすすめします。

・ピアノは調律費用など維持費がかかる反面、しっかりと手入れすれば何十年ももつ。
しかし、電子ピアノの 耐久年数は長くて20年。
メーカーで生産終了となれば、修理部品なども手に入りにくくなるのが事実です。