カテゴリー別アーカイブ: 電子ピアノの選び方

専門用語解説「同時発音数」とは?

専門用語解説「同時発音数」とは?

電子ピアノのカタログに最大同時発音数という記載があります。

この同時発音数というのは、文字通り
鍵盤を弾いた時に同時に出せる音の数ということです。

例えば、同時発音数が64音の電子ピアノだとしたら、
64の数の音が同時に出せる電子ピアノだということです。

しかし、ここでポイントなのが、電子ピアノの場合
弾いた鍵盤の数=音の数ではないということです。

どういうことかというと
まず電子ピアノの音はステレオ再生ですので
単純にいえば指一本で一つの鍵盤を弾いた時
右と左のスピーカーから音が出ます。
つまり、弾いた鍵盤の数×2の音が出ます。
10本の指で弾けば、発音数は20となるということです。

さらに、ダンパーペダルを使い、音を伸ばし続ける演奏をすると
その鍵盤を離した後も音が出続けています。
その長く伸びた余韻の音も発音数に加算されます。

電子ピアノの発音数は64音~128音辺りが多いですが
それほどの数の発音数が必要なのは、そういう理由からなのです。

では、同時発音数が少ないとどうなるかというと、
この数を超えると、最初に出た音から順番に音が消えていきますので
音が不自然に切れてしまい、演奏がなめらかに聴こえません。

特に上達した時にダンパーペダルを使う演奏が増えますから
ピアノ中級者以上になってくるとより気になるポイントとなるでしょう。

同時発音数も多いにこしたことはありません。
256音もの同時発音数がある最上位クラスの電子ピアノでは、
どんな高難易度の曲も音切れなく演奏できます。

ただ、初心者から中級者までの方でしたら
64音~128音ほどの同時発音数があれば
通常の演奏で違和感を感じることはあまりないと思います。

下位のモデルで64音、中位のモデルで128音、上位のモデルで192音
最上位モデルで256音というのが現在のところの基準だと思います。

専門用語解説「サンプリング」とは?

専門用語解説「サンプリング」とは?

個人的な意見をいえば、電子ピアノのカタログは、
はじめて電子ピアノの購入を検討される方にはとても理解しづらいと思います。
なぜなら、専門用語がとても多いからです。

ですので、はじめて電子ピアノを選ぼうとしている方のために
その専門用語について、噛み砕いてなるべくわかりやすく説明してゆきたいと思います。

カタログではピアノ音という表記の場所に
「サンプリング」と書いてあります。
まずは、この「サンプリング」についてです。

そもそも電子ピアノは生ピアノと違い弦を叩いてその振動で音を出すのではありません。
鍵盤をスイッチとして機械が音をスピーカーから発するという仕組みです。

この電子ピアノの音は生ピアノから録音されたものなのですが
要するに、この録音作業のことを「サンプリング」といいます。

メーカー各社とも、このサンプリングの元としている生ピアノは
コンサートグランドピアノの中で最高峰の一台です。

しかし、サンプリングに使われているピアノが最高のものであっても
どのメーカーの音も同じ程度の品質というわけではありません。
なぜなら、サンプリングの細やかさなどが違うからです。

こだわっているメーカーのサンプリングは、音の強弱だけでなく
音の長さ、弾き方の違いによる音色の違い、といった様々な角度から何種類も行っています。
また、アナログ音をデジタル音に処理する技術も違います。

こういうこだわりによって、実際に電子ピアノを弾いた時のフィーリングが変わってくるのです。

といってもかなり細かな世界になりますから
はじめて電子ピアノに触れる方には判断は難しいかもしれません。

しかし、こういう違いがあるということをふまえた上で
実際に音を聴き比べたりしてみるのがいいと思います。

カタログで、ピアノ音の説明を見るときには
「なるほど。そういう最高峰のグランドピアノの音を使ってるんだな。」
という理解ができれば充分だと思います。

価格帯別電子ピアノの品質の違い

価格帯別電子ピアノの品質の違い

電子ピアノの品質の差は、「価格の差」で決まるといっても過言ではありません。
そこで、定価の価格帯によってどのような品質の差があるのか見ていきたいと思います。

5万円クラス

コストパフォーマンスに優れたお手軽なモデルが多いです。
キーボードでは物足りない方にとても良いといえます。
しかし、この価格帯のものにピアノとしての表現力をあまり求めるのは酷でしょう。
スピーカーも小さめです。椅子も基本的についていません。
ペダルやスタンドもオプションであるモデルもあります。
ただ、スタンドから取り外し持ち運びできるという特徴があります。
まずはとにかく安く、気軽にピアノを始めてみたい方に良いでしょう。

10万円クラス

このクラスの電子ピアノになってくると、鍵盤を弾く強弱によって音色も変化してきます。
表現力が少し出てくるということですね。スタイリッシュでコンパクトなモデルが多いです。
ピアノらしさは少し欲しいが、予算はなるべく抑えたいという方に良いでしょう。
部屋にスペースがあまりなく、場所をとらず、移動させやすいモデルが欲しい方にもおすすめです。
このクラスから3本ペダルやスタンドがついて、据え置きタイプとなってきます。椅子は別売りのが多いです。

15万円クラス

この価格帯のものから、ピアノらしい表現力が出てきます。
特に、鍵盤を弾く強さによって、音色と共に「音量」の強弱が変わってくるのが特徴です。
椅子つきの据え置き一体型のモデルになりますね。このクラスから重量も40kg以上のモデルになってきます。
生ピアノの練習用としての電子ピアノをお求めの方は、この価格帯以上の電子ピアノを考えた方がいいと思います。

20~25万円クラス

ヤマハ、カワイ、ローランドなどが最も力を入れている、電子ピアノでは売れ筋の価格帯です。
音に奥行きも出てきて、鍵盤や音が生ピアノにとても近づいてきます。
もちろん生ピアノには及びませんが、演奏に自分の色を出していける表現力が備わってきます。
価格と性能のバランスが良いおすすめモデルが多いです。

30万円以上のクラス

各メーカーともに電子ピアノの中で、限りなく生ピアノに近い部類の最上位モデルが出てきます。
予算に余裕があり、でも環境的に中古の生ピアノなどではなく電子ピアノが良いという方や、
ピアノとあまり違和感のない本格的なタッチや音や表現力を電子ピアノに求められる方におすすめの価格帯です。

もちろん、予算に余裕があるのならば、より上位の品質の高いモデルがおすすめです。
しかし、価格やタッチや音や機能、そういった総合的なバランスを考えるのならば
生ピアノの代用品としての練習用電子ピアノとしては15万~25万の価格帯の
電子ピアノがもっともおすすめできるモデルといえるでしょう。

もし、品質はなるべく高くしたいけど、でもやっぱり予算は抑えたい
という方がいらっしゃるなら、その価格帯のモデルの中古電子ピアノを
検討されるのも良いのではないでしょうか?
中古ならば、5~10万円の範囲で買えることも多いです。

また、あまり数はないかもしれませんが
製造年が新しくほぼ使用されていない中古電子ピアノもあります。
こういったものなら長く使うことができますし
新品を買うよりもかなりお得という場合もあります。

いずれにしろ、安い買い物ではありませんし
予算と品質のバランスを考えて、しっかりと検討されるのが良いと思います。

電子ピアノを選ぶ時のポイント

電子ピアノを選ぶ時のポイント

電子ピアノを選ぶ際に、どのような点にフォーカスしたらいいでしょうか?

電子ピアノを購入する人は、はじめてピアノをやるという方が多いです。
ですから、「どういう基準で電子ピアノを選んだらいいかわからない」
という声は非常に多いです。

当然、その人の、目的、意欲、環境、予算などによって
どのようなことを電子ピアノに求めるのかも変わってきます。
しかし、初心者であっても、中級者であっても、仮に予算が多くても、少なくても、
家が狭くとも、広くとも、つまり選ぶ人の状況によらず、
電子ピアノを選ぶ時にまずフォーカスするべきポイントはあります。

それは、

  1. タッチ
  2. 音の質

という2点でしょう。

まず、1のタッチですが、これは鍵盤を弾く時の重さや、
鍵盤の戻りの速さなど、鍵盤にタッチした時の感触です。
基本的に電子ピアノの鍵盤は軽いと言われていますが、
最近は生ピアノのような感触を再現するために、重めの鍵盤が増えています。
しかし、これもただ重ければいいというわけではなく、
やはり軽さ・重さのバランスが生ピアノにより近く似たものが良いモデルといえるでしょう。

次に、2の音の質ですが、
電子ピアノは生ピアノの音を録音し、演奏するとその録音した生ピアノの音が再生するという仕組みです。そして、電子ピアノメーカーにより、違う生ピアノの音、つまり違う音色のピアノ音を録音しています。
つまり、各メーカーによってピアノ音の質や音色は違うのですが、
ここも、ただ聞こえ方がきれいであればいいというわけではありません。
もちろん目的や好みにもよりますが、わざと「少しこもったような音」にすることによって
リアルな生ピアノ感を再現しているメーカーもあります。
また、スピーカーの質・数・場所によっても音の聞こえ方は大きく変わってくるでしょう。

基本的にはこの2点が基準となると思いますが、
この2点以外にも、電子ピアノにはデジタルならではの以下のような、独自の機能がついています。

  • 音量調節機能
  • 録音機能
  • シンセサイザーのようにピアノ以外の多彩な音色を奏でる機能
  • 収録したデモ曲をデモ演奏する機能
  • 音楽を再生する機能
  • インターネットに接続する機能

などです。

これらの機能は、電子ピアノの「楽しさ」の部分を膨らませてくれるものです。
ただし、音量調節機能やヘッドフォンで弾ける機能などは別として、
モデルによってどのような機能がついているかはまちまちです。
こういったデジタルな多彩な機能の有無は、選ぶ時に迷う点となりえますが、
本当によく使いたい、欲しいと思える機能があれば十分だと私は思います。